間違いやすい「5つの売却価格」

マイホーム売却」は人生で何回も経験することではありませんよね。

 

ですので、売却価格については「査定価格」と
契約書に記入する「売却価格」ぐらいしか思い当たらないのではないでしょうか。

 

間違いやすい「5つの売却価格」

 

不動産会社から見た場合、不動産売買にかかる価格は5つあるのをご存知でしょうか?

 

この5つの価格が取引の打ち合わせやそれぞれの契約時に違った価格が登場します。
そられの価格と意味するところを理解していない一般の売主は混乱してしまいます。

 

ここでは、5つの価格についてご説明します。

 

1 売却希望価格

 

2 査定価格

 

3 売り出し価格

 

4 購入希望価格

 

5 成約価格

 

 

基本になるのは査定価格

 

不動産取引には5つの価格が登場します。
この5つが独立した値段になるわけではありません。
それぞれの中心になる基本の値段があり、
それぞれが連携した値段になります。
その中心になって、5つの基本になる値段が「査定価格」です。

 

したがって、簡易査定、訪問査定という2つの査定価格の算出法がありますが、
いずれも手を抜かず
少しでも高い査定額を提示されるようにしたいものですね。

 

 

1.売却希望価格

 

売主が自分の家やマンションを売りたいと考える希望金額です。

 

これには売主が自分の都合を織り込んだ金額になっていますね。
住宅ローンの返済残額にプラスして
多少の利益が上乗せされていたり、
引越費用も加算されていたりします。

 

 

2.査定価格

 

不動産会社が自社の基準で算出した金額で、相場に近い金額が一般的です。

 

ほとんどの場合、委託を受けた不動産会社が
その物件の営業を始めてから
3か月で売買成立が可能な上限金額を提示するのが一般的です。

 

 

3.売り出し価格

 

不動産会社と相談して決めます。
チラシや広告に提示する取引金額です。

 

この金額の意味するところは、
物件を売却する金額がそれ以上に値上げできないということです。
つまり、最初に決めた売り出し価格が最高値段です。
売れないからと値引きすることはできても、
値上げできないということなのです。

 

 

4.購入希望価格

 

購入希望者が、売却対象物件を内覧した上で
売主が提示する「売り出し価格」に対して
買い手として提示する金額です。

 

この金額は購入希望者自らだったり、
買い手側の不動産会社を通じて申し出てくるの一般的です。
購入希望価格に応じるかどうかは、売主に決定権があります。
委託した不動産会社とよく相談して、
応じるか売り出し価格を続けるかは検討しましょう。

 

人生の中で大きな取引になりますので、
一時的な心の揺れに動じないで、
じっくり考えて決断しましょう。

 

 

5.成約価格

 

物件の販売価格です。

 

売主と買主が交渉をし、
その結果、合意した売買価格が「成約価格」です。

 

成約価格は売買契約に適用される金額です。
契約書に明記され調印した後は、
この金額は簡単には変更することができません。
変更する場合、
契約の解除という違約金が発生することがありますので注意が必要です。

 

 

5つの価格をどう活用するか

 

査定価格をより高く算出してもらえるようにしておく必要があります。

 

次に、査定価格が提示されてからの流れの中では、
売却の仲介を依頼した不動産会社と緊密に連絡、
相談しながら売り出し価格を決め、
成約価格を決定していかなければなりません。

 

そのためには、信頼できる不動産会社に仲介依頼することが大事です。

 

 

「売り出し価格」と「購入希望価格」の調整

 

査定価格に基づいて、
不動産会社と十分に相談して決めた売り出し価格に対して
買い手が申し出てきた「購入希望価格」がかけ離れることが連続した時
売り出し価格の引き下げを検討しなければなりませんね。

 

査定を依頼した各社の提示額はとほんど横並びで、
それに沿った売り出し価格であっても、
買い手には高いと感じる「何か」があるのかもしれません。

 

この時は、買い手側の仲介の不動産を通じて
買い手側の意向を把握することが大事です。

 

複数の買い手がいる場合、
それが修理やリフォームで解決するのであればそれを行います。
それが無理な場合は、値段を引き下げるしかありません。
大体の場合その買い手から同じ要望が出ているものですが。

 

その場合も、
売却の仲介を依頼した不動産会社とよく相談して
判断しましょう。

 

マイホームを高く売る3つポイントと対策のページに進む

リガイド

イエイ

イエウール

リガイド

三井のリハウス、スターツピタットハウス、東急リバブル、住友不動産、三菱地所などの大手から中堅まで幅広く家、物件の無料査定をしてくれます。もちろん近所に知られないようにも手配してくれます。

イエイ

不動産売ったらいくらになる?一番高いが見つかるサイトです。主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで無料で価格が正確に分かります。ここはおすすめ。

イエウール

たったの60秒の簡単入力→比較査定することで500万円の差が出ることも!全国1200社以上の優良不動産会社からそのエリアに強い会社6社の一括査定、最高額が分かります。
家売却査定〜近所に知られないように売る TOPページに戻る

 
我が家の売却体験 住宅ローンがあっても売れます こんな不動産会社はあぶない 高く売る3つポイント 親の近所に住む例