こんな不動産会社はあぶない

家やマンションといったマイホーム売却で一番頼りにしたい不動産会社ですが、
すべてが良心的、誠実で売手や買い手のために尽くす業者がいるとはかぎりません。

 

不動産会社選びを間違うと、売却金額、売却時期まで大きな影響を受けます。

 

良くない、悪質な不動産会社の特徴をご紹介します。

ご参考にしていただき、気持ちよく満足いく不動産が者選びのご参考にしてください。

 

選んではいけない不動産会社

 

・売りと買いを独占しようとして他の不動産会社に情報を流さない

 

・最初から売れないことを想定して業者買取の話をする

 

・売却価格の値下げを何度も要求してくる

 

・専任媒介にもかかわらず定期報告をしてこない

 

・「釣り広告」をする

 

・他の不動産会社よりも明らかに高い査定額を提示する

 

・売手、買い手に気持ちよくさせる言葉を多用

 

 

以下、それぞれの詳細をご説明します。

 

 

売りと買いを独占しようとして他の不動産会社に情報を流さない

 

売手と買手の両方から
ダブルで仲介手数料を稼ぐ
ことを目的にした両手仲介を狙った「囲い込み」業者は危険です。

 

このような業者は仲介手数料の独占を意識しているので、
他の不動産業者から問い合わせがあっても
明確な回答をしません。

 

「現在、お客様と交渉中ですので今しばらくお待ちください」

 

このように、売却のチャンスをつぶしている可能性があります。

 

 

また、このような不動産会社は自社のサイトやチラシなどに
物件情報を掲載しないことが多く、
情報が浸透しないため、
ますます売却の可能性が遅れていくことになりかねません。
専任媒介、一般媒介ともに注意したい不動産会社選びのポイントです。

 

 

最初から売れないことを想定して業者買取の話をする

 

査定額提示の段階から、
売れなかったときのことを話す不動産会社は危険です。

 

特に「買取制度」を告げるときは注意した方がいいです。
売却仲介の手数料よりも、
買い取りしてリフォーム後に自社物件として販売した方が利益が大きい
と判断しているからです。
自社物件として販売を考えているので、
そのままの状態での営業に力が入らないのです。

 

 

このように、売り出しを始める前の早い段階から
買取りを持ちだす不動産業者

 

「売る気がない」もしくは「売る自信がない」業者ですので、
仲介を依頼する不動産会社としては選ばない方が無難です。

 

 

売却価格の値下げを何度も要求してくる

 

ことばの奥に、
売り出し希望価格が高いことをにおわせる不動産会社は営業に力が入らないか、
信用度合いが低く販売実績が良くない業者と考えられます。

 

 

売却価格が低いほど、物件を売りやすくなるのは当然です。
実力があり信用力がある不動産会社は、
買い手を集める努力をしますし、
営業力を駆使して物件の特徴を伝えて、
購入へ力を注ぐものです。

 

価格を下げて売却を有利に進めようとするのは
不動産会社としては最終手段になります。
販売価格を安くして、売却の可能性を高くして
仲介手数料を得ようとする意志が丸見えの不動産会社は選ばない方がいいでしょう。

 

 

専任媒介にもかかわらず定期報告をしてこない

 

専任媒介で売却を依頼した時、
不動産会社は決められた一定期間ごとに
状況を報告しなければなりません。

 

どの専任媒介でも一律にしなければならない営業報告をしないのは、
その不動産会社、営業マンの姿勢に問題があります。

 

手抜き、販売するという意欲の欠如など、
いずれにしてもそのような業者に任せていると
以降の流れの中でも疑問に感じることが多発するでしょう。

 

2度、3度と続くようであれば
契約解除して別の不動産会社に変更したほうが
売却まで短時間で気持ちのいい売買ができるでしょう。

 

 

「釣り広告」をする

 

いかにもすぐに売却が可能なように感じさせる文句で
広告することを『釣り広告』といいます。

 

「●●地域で家をお探しのお客様が多数」

 

「社宅として購入希望の一流企業が一軒家募集中」

 

実際にはそのような購入希望者がいないにもかかわらず、
売り手にすぐ売れるような気持ちにさせる広告はよくありません。
多くの物件を扱い、販売して仲介手数料を稼ぎたい…
このような心が見え見えの不動産会社です。
広告内容があまりにも気を引くものは、
すぐに飛びつくのではなく検討する時間を持つようにしましょう。

 

 

他の不動産会社よりも明らかに高い査定額を提示する

 

本来、厳密に査定をし
販売実績が豊富な不動産業者の査定額は
どの不動産会社も似たような金額になるものです。

 

飛び抜けて査定額が高い不動産会社は、
仲介したいという気持ちが高く
契約締結目的といえます。

 

仲介契約の実績が成績になる営業マンの場合、
仲介契約に満足し、買手を見つけて売買契約までこぎつけるところまで
熱心にならないことがあります。

 

高い査定額を提示す不動産会社には、
その査定額の算出根拠やネットなどで
その不動産会社の口コミをチェックしてみましょう。

 

 

売手、買い手に気持ちよくさせる言葉を多用

 

「契約を獲得したい」「物件を多く取り扱いたい」
このような気持ちで売手、買い手の心の気持ちいい言葉を使う不動産会社があります。

 

・「難点がある物件でも絶対売ります」

 

・「当社営業力を総動員して、完売してみせます」

 

このような言葉は『特定用語の使用基準』が決められていて、
業界では使ってはいけない禁止文句です。

 

 

社内教育の徹底という問題もありますが、
軽々しく「絶対」とか「当社限定」「厳選」という言葉が
口を突いて出るような不動産会社、営業マンについては
信用力という観点からは注意したほうがいいでしょう。

 

高く売る為に知っておきたい査定の種類のページに進む

リガイド

イエイ

イエウール

リガイド

三井のリハウス、スターツピタットハウス、東急リバブル、住友不動産、三菱地所などの大手から中堅まで幅広く家、物件の無料査定をしてくれます。もちろん近所に知られないようにも手配してくれます。

イエイ

不動産売ったらいくらになる?一番高いが見つかるサイトです。主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで無料で価格が正確に分かります。ここはおすすめ。

イエウール

たったの60秒の簡単入力→比較査定することで500万円の差が出ることも!全国1200社以上の優良不動産会社からそのエリアに強い会社6社の一括査定、最高額が分かります。
家売却査定〜近所に知られないように売る TOPページに戻る

 
我が家の売却体験 住宅ローンがあっても売れます こんな不動産会社はあぶない 高く売る3つポイント 親の近所に住む例