家を売る〜買主の心をワシ掴みする方法

家を売る〜買主の心をワシ掴みする方法

購入希望者は売主が売却する理由が気になるものです。
その理由によっては、どんなに素晴らしい物件でも購入を辞退することがあります。
売却価格が相場よりも割安なら、なおさら売却にいたる理由を知りたがります。
本人が伝えにくいものであれば、仲介の不動産会社担当者から伝えてもらいましょう。

 

 

買い手が気にする売却理由

 

買い手は100人いたら100人が、売主が売却する理由を知りたがります。
特に気になる理由は以下のようなことが大半です。

 

・未解決の事件や事故

 

・自殺など人が亡くなっている

 

・修理、建て直しまで影響しそうな欠陥住宅

 

・近隣に問題になる住人がいる

 

・近々周辺に問題になる建物の建設予定がある

 

正直に伝えることが大事です。
世間体を考えてあいまいにしたり、
まったく伝えないと買い手の不安をますます増長させることになり、
売れるものも売れなくなります。

 

 

売却理由の伝え方次第で売れるものの売れなくなる

 

同じ売却の理由でも伝え方によっては
希望者が殺到する言い方もありますし、
購入希望者がこぞって辞退されてしまう残念な言い方もあります。

 

 

買い手には問題にならない売却理由

 

離婚が理由で家を売り払うとか、
ギャンブルの借金がかさんで家を手放さなくてはならなくなったとか、
家の売却を決意した理由を大きな声で言えないからと、
仲介を依頼する不動産会社や買い手に教えたがらない人がいます。

 

正直に伝えた方が、不動産会社もその点を踏まえて営業できますし、
買い手もその程度なら購入意思になんら影響しないということが良くあります。

 

以下のような理由は売り手としては言いたくない理由かもしれませんが、
不動産売買に関しては何ら問題ありません。

 

・転勤や海外勤務のための売却

 

・子供の独立で2人で住む広さの家に転居

 

・実家の家を相続して今の家を手放す

 

・高齢の両親を引取り一緒に住むには手狭なための売却

 

・一戸建てからマンション、アパートに移り住む

 

・離婚による売却

 

・金融問題で手放なさざるを得ない

 

これらの理由は家やマンションという物件に対して、
なんらの問題がないのでまったく問題ありません。
価格の面でも購入意欲についても障害になるものではありません。
不動産会社に相談しておくといいです。

 

 

言い方によっては買い手が離れていく売却理由

 

一方、購入意欲があっても売り主の売却理由によっては、
購入することを辞退するケースもあります。

 

・構造上の欠陥がある

 

・学校や商業施設から離れていて不便

 

・近隣にクレーマー、トラブルを起こす人がいる

 

・週末、バイクの騒音で悩ましい

 

・自宅や近隣の事件、事故

 

事件や事故といった情報は売主は告知する義務があります。
それを隠したまま売却することはできません。

 

どこまで話すか、伝えるかということが問題になりますよね。

 

この点はどこまで話すか、どう伝えるか、だれが伝えるか
などを不動産会社の担当者と十分に打ち合わせ
して、
遅くても購入検討者の内覧までには
決めておくようにしたいものです。

 

 

価格だけが買う条件ではない実例

 

友人がアドバイスをもらっている四国の不動産屋の話です。
田舎ですから敷地も広く、
家も広々として売りに出すと同時に
何件もの内乱希望があった物件がありました。
しかし、内覧者全員がしばらく検討させてほしいと
それ以降の手続に進まないことがことが続きました。

 

 

その理由は敷地の片隅に「ほこら」があったんです。
不動産の持ち主の祖父の代まで
神道でほこらを祭っていたというのです。
父の代に宗派替えして仏教を信仰するようになり、
祖父もそのことを承知していて廃止のしきたりを済ませたそうです。

 

ほこらは何でもないタダの置物
=今風でいえばオブジェみたいなものだということが分かりました。
不動産屋がほこらのことを買い手が気にして
なかなか前に進まないことを告げると、
即刻ほこらを撤去したそうです。

 

そしたら、二の足を踏んでいた「検討中」の希望者全員が
買う意向を示してきたというのです。

 

価格を下げれば売れやすいと思いがちですが、
購入者の判断は価格よりもそれ以前の、
そこに住むことの快適さ・利便性の良さをまっ先に考えるものです。

 

家を売る時に大事なことは
売却価格だけではないことを念頭に置いて
物件を少しでも高く売れるように事前に配慮しておきたいものですね。

 

マイホームの売却にかかる費用と税金 のページに進む

リガイド

イエイ

イエウール

リガイド

三井のリハウス、スターツピタットハウス、東急リバブル、住友不動産、三菱地所などの大手から中堅まで幅広く家、物件の無料査定をしてくれます。もちろん近所に知られないようにも手配してくれます。

イエイ

不動産売ったらいくらになる?一番高いが見つかるサイトです。主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで無料で価格が正確に分かります。ここはおすすめ。

イエウール

たったの60秒の簡単入力→比較査定することで500万円の差が出ることも!全国1200社以上の優良不動産会社からそのエリアに強い会社6社の一括査定、最高額が分かります。
家売却査定〜近所に知られないように売る TOPページに戻る

 
我が家の売却体験 住宅ローンがあっても売れます こんな不動産会社はあぶない 高く売る3つポイント 親の近所に住む例