便利な不動産会社の買取制度

一戸建住宅やマンションの売却は
一般には買い手を見つけて売買契約を結ぶのが普通ですが、
不動産会社が買い手になる例もあります。
不動産会社が買い取る形態を「業者買取」といいます。

 

・売手が売却代金を急いでいる・不動産会社がリフォームしたうえで再販する時、業者買取となるケースがあります。

 

また、どうしても買い手が見つからない物件があり、
それについては業者買取で買ってもらうしか方法がありません。

 

以下、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

売手が売却代金を急いでいる

 

物件が売れそうにない時

 

「買い手探しのカシコイ依頼の仕方」でも触れましたが、
売り手が売却代金を急いでいる時、
『専任媒介』で買い手探しを依頼している時、
買取保証」がつくことが多くあります。

 

つまり、1社の不動産会社に売却を依頼したにもかかわらず、
一定期間経過しても買い手が見つからない時、
その不動産会社が住居を買い取るという契約条項を入れるのです。

 

この金額は当初の査定額や売却希望額よりも低くなります。
不動産会社が一生懸命努力してその金額で売れなかったのだから、
まだその金額に固執するなら売手自ら買い手を探してくださいという趣旨が含まれています。

 

また、こんな趣旨もあります。
一定期間売れないのは売却希望金額が高いからであって、
その金額で売るのは売り手が希望する日時までにはムリ。
それゆえ少し下げた金額なら
もう少し時間をかければ売れるはず。

 

それまで待てないなら、
いったん不動産会社が提示する金額で買い取りましょう…という趣旨も含まれています。

 

 

即金形式で売却代金を求める時

 

買い手が現れてもすぐに売買契約が締結され、
代金が支払われるものではありません。

 

一般に購入までの検討期間が必要ですし、
購入を決断しても即金で資金を準備できる人は多くありません。
ほとんどの人がローンを組みますから、
銀行との交渉や審査などの期間があります。

 

売買代金が支払われるのは
早くて1〜2ヶ月後というのが一般的な時期です。
それまで待てず早急に資金を必要とする時、不動産会社が「業者買取」をします。
たいていは
ふつうの住宅やマンション買取には「現金」「翌日支払」というのが普通の支払い条件です。

 

つまり、契約日の翌日には指定した銀行口座に諸費用を差し引いた金額が振り込まれるというものです。
少しでも高く売りたいよりも、
代金を手にする時間を優先すると言った場合は、
この「業者買取」が便利な売却手段ですね。

 

 

不動産会社がリフォームした上で再販する

 

売り手が早く資金を手にしたいという事情がない場合でも、
業者買取が行われます。
それは、物件として商品価値が低い住宅の買取りです。

 

例えば、築年数がかなり経過して雨漏りや壁が傷んでいたりと
修繕やリフォームすればなんとか買い手が見つかりそうな場合、
自分でリフォームや修繕をするよりも、
不動産会社に買い取ってもらった方がいい場合があります。

 

一見、売手自身が修理した方が高く売れそうに感じますが、
実際はそうならないことの方が多くあります。

 

個人で依頼するリフォーム・修繕と
不動産会社が依頼するのとでは、
不動産会社の依頼の方が金額が安いことの方が多いのです。

 

修理業者からすれば個人の場合は決済に対する不安がありますが、
不動産会社に対しては決済に不安はありませんし、
今後も継続して依頼してもらえる期待もあって
ある程度値引きされるのが通例です。

 

このようなことを考えた時、売り手自らが修理を依頼して
時間と費用の実費支払いという手間をかけるよりは、
その分を差し引いて不動産会社に買い取ってもらう方が効率的になります。

 

不動産会社はリフォームや修繕代金を回収してなおかつ、
利益が出るような値段で売りに出します。
このため、売り手が手にする売却金額は
希望条件よりもかなり低くなるのは仕方ありません。

 

 

どうしても買い手が見つからない物件は業者買取で売る!

 

早く資金を手にしたいという自己都合や
老朽化・修繕といった修復が必要な場合以外に、
「問題がある物件」の場合も業者買取で売却した方がいいことがあります。

 

たとえば、

 

・近隣住人のことで住んでいられない…

 

・同じマンションで事件があった…

 

・近隣に大きなビルが建ち、日照権で揉めている…

 

 

事故物件や環境問題を抱えた物件は
住宅としての商品価値は成立しないかもしれません。

 

従って、不幸にしてこのような物件を持ってしまうことになった場合、
値段がつくだけでもありがたいと思って、
業者買取してもらうのが最善の方法と言えるでしょう。

 

 

買い手が見つかり→入金までそれほど急いでいない時は、
買い手が現れるまでまつというのがベストです。

 

しかし、入金を急いでいたり、
そのままの状態では買い手が見つからないといった
何らかの不具合がある物件については、
不動産会社の「業者買取」で売却する方法も視野に入れておいた方いいでしょう。

 

買い手探しのカシコイ依頼の仕方のページに進む

リガイド

イエイ

イエウール

リガイド

三井のリハウス、スターツピタットハウス、東急リバブル、住友不動産、三菱地所などの大手から中堅まで幅広く家、物件の無料査定をしてくれます。もちろん近所に知られないようにも手配してくれます。

イエイ

不動産売ったらいくらになる?一番高いが見つかるサイトです。主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで無料で価格が正確に分かります。ここはおすすめ。

イエウール

たったの60秒の簡単入力→比較査定することで500万円の差が出ることも!全国1200社以上の優良不動産会社からそのエリアに強い会社6社の一括査定、最高額が分かります。
家売却査定〜近所に知られないように売る TOPページに戻る

 
我が家の売却体験 住宅ローンがあっても売れます こんな不動産会社はあぶない 高く売る3つポイント 親の近所に住む例