不動産会社がやってくれること

家やマンションの売却には買い手を探してもらわなければなりません。
そのためにどうしても不動産会社
仲介をお願いすることになりますが、
マイホームを売るために
なんでも引き受けてくれるわけではありません。

 

やってくれることと法律で禁止されていることがあって、
売り手が頼んでもやってもらえないことがあるんです。

 

ここでは、マイホーム・家を売りたいと
依頼を受けた不動産会社の仕事についてお伝えします。

 

不動産会社がやってくれること

 

 

不動産会社の大きな仕事

 

数多くの業務がある不動産会社の仕事ですが、
大きく分けてこれらの仕事があります。

 

・売主の相談の対応や売却方法などの適切なアドバイス
・土地や家、マンションの物件調査と査定額の算出
・依頼物件について法令上の問題の調査、判断
・依頼物件についてプロとしての販売活動と買手の募集
・購入候補者には、物件の現地に案内し内覧に立ち会う
・売手、買い手の仲介に立ち、価格、引き渡し日などの調整
・売買契約書の作成、登記関連手続き
・契約調印、決済時の立ち合い

 

 

売主の相談の対応や売却方法などの適切なアドバイス

 

不動産会社が依頼を受けた家やマンションの売却を進める時、
もっとも大事なことは売主の意向、考え、条件を
しっかりと把握しておくことです。

 

それらを把握し整理した上で
それらをもっとも効率よく短期間で満足してもらえる価格で
売却できるようにアドバイスしなければなりません。

 

不動産会社からいろいろと質問されますが、
売主はそれらに対して誠意をもって詳細に応えることが、
ひいては自分の物件を高く短期間で売却できる
もっとも効果的なことだと思って対応することが大事です。

 

 

土地や家、マンションの物件調査と査定額の算出

 

売却希望物件の査定価格算出は不動産会社の特権事項です。
その算出方法は不動産会社それぞれの独自の方法で算定しますので、
売主が最終的に売却依頼を
どの不動産会社に委託するかを決定するぐらいの重要な仕事です。

 

一度、査定価格が出ますと、
その不動産会社はその査定価格を前提に
それ以降の流れや手続を勧めることになります。

 

売主としては自分の物件が
少しでも高い査定価格を提示されるように
不動産会社の特徴や査定方針などをあらかじめ得ておいて
対応できるものは早めに対応しておきたいものです。

 

 

依頼物件について法令上の問題有無の調査、判断

 

取引を進めるうえや売買成立後に問題が発生しないように、
過去の取引事例や依頼を受けた物件のいろいろな調査を行います。

 

 

現在はネットで必要な情報が簡単に手に入りますが、
あやふやな情報が氾濫している場所でもあります。
そのため、不動産会社の担当者は、登記所だけでなく
所轄の役所などにも出向いて足で調査を行います。

 

 

依頼物件についてプロとしての販売活動と買手の募集

 

依頼を受けた物件について
依頼主の売主の希望がすべての満足度マックスという訳でもなく、
不動産のプロの目で見ると
より好条件の方法が見つかったりするものです。

 

それらについて、売主に提案し受け入れられれば、
プロとしての最高の販売戦略を構築して買い手を探す活動を行っていきます。

 

 

購入候補者には、物件の現地に案内し内覧に立ち会う

 

物件の購入希望者には、
物件がある現地まで希望者を案内して内覧に立ち合います。

案内しながら、物件の特徴を要領よく説明し、質問にも答えていきます。
内覧者に説明が行き届くよう、
不動産屋には売る家の長所をしっかり伝えておきましょう。
伝え切れないと予想される部分や
忘れて欲しくない部分はポップに記しておきましょう。

 

 

売手、買い手の仲介に立ち、価格、引き渡し日などの調整

 

不動産会社は売主の立場でもあり、
購入希望者の立場にも立って、
中立公平に物件情報を紹介します。

 

売手の希望、買い手の希望を調整し、
歩み寄れるところについては根気よく双方の仲介に立ってくれます。
これらの手続き、対応は非常に骨が折れるもので、
永年の経験と知識の有無が問われる部分でもあります。

 

このことからも、経験豊富で信頼のおける不動産会社を選ぶ重要性を感じますね。

 

 

売買契約書の作成、登記関連手続き

 

売買契約書や登記関連の書類は、
基本的にはひな型があって、空欄になっている部分に
それぞれの取引に関する個別項目を埋めていくようになっているものです。

 

それでも、すべての契約においては、
細部の部分はその取引特有の重要項目があって
その部分は契約書ごとに記入しなければなりません。
一文字の誤字脱字があっても契約書としては通用しないので、
担当者は非常に神経を使う業務になっています。

 

 

契約書が整えば、登記手続きに入ります。
ローンの抵当権抹消登記など、
司法書士に依頼する部分もあって、
司法書士との打ち合わせスケジュールも不動産会社の仕事になっています。

 

 

契約調印、決済時の立ち合い

 

契約時の他、銀行決済の手続きについても
不動産会社の担当者が立ち合います。

不動産会社の営業担当者は不動産業務だけでなく
銀行ローンや不動産登記関係、税金、火災保険関係の知識にも明るい人が多いです。

 

言い換えれば、このような分野を質問して
すぐに答えられないような不動産会社や担当者には売買を依頼しないで
別の不動産会社に変えた方が得策です。

 

 

不動産会社の仕事の根底にあるもの

 

不動産会社は家やマンションの不動産売買の仲介で3%の手数料を得ることになっています。

 

1000万円だと30万円
2000万円では60万円です。
売りと買いの両方を扱えば手数料はその2倍です。

 

 

これほど多額の収入を得るわけで、
上述したような専門知識と多大な労力を使って
売主や買主のために尽くさなければならないのです。

不動産会社がやってくれることをしっかり把握して、
できる限り不動産会社を活用して、
満足ができるマイホームの売却をしたいものですね。

 

こんな不動産会社はあぶないのページに進む

リガイド

イエイ

イエウール

リガイド

三井のリハウス、スターツピタットハウス、東急リバブル、住友不動産、三菱地所などの大手から中堅まで幅広く家、物件の無料査定をしてくれます。もちろん近所に知られないようにも手配してくれます。

イエイ

不動産売ったらいくらになる?一番高いが見つかるサイトです。主要大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで無料で価格が正確に分かります。ここはおすすめ。

イエウール

たったの60秒の簡単入力→比較査定することで500万円の差が出ることも!全国1200社以上の優良不動産会社からそのエリアに強い会社6社の一括査定、最高額が分かります。
家売却査定〜近所に知られないように売る TOPページに戻る

 
我が家の売却体験 住宅ローンがあっても売れます こんな不動産会社はあぶない 高く売る3つポイント 親の近所に住む例